WEB予約
MENU

予防接種・自由診療

VACCINATION・FREE PRACTICE

Vaccination予防接種

子宮頚がんワクチン

子宮頚がんは、HPV(ヒトパピローマウイルス)が原因であることがわかっています。
性交渉をもつ前に、接種し、抗体をもつことができます。
※ワクチンを接種後、性交渉をもった場合、1年に一度の細胞診を受けていただくことは変わりありませんので、ご注意ください。
ご希望の方は、詳細ご説明いたしますので、ご相談ください。

風疹ワクチン

妊娠前に確認することが望まれます。
抗体がない、あるけれど抗体値が16以下の場合、妊娠する前に、ワクチン接種しましょう。

インフルエンザワクチン

インフルエンザワクチン取り扱いいたします。

Free medical treatment自由診療

以下の検査と治療を行っております。ご希望の方は、お声がけください。

腸内フローラ検査

腸内フローラ検査とは

腸内フローラとは、腸内に生息する常在細菌の集合体で、私たちの腸内には100兆個以上の細菌が住み着いています。
近年、「腸内フローラ」が私たちの健康に密接に関係していることが研究で解明されており、腸内フローラの乱れにより様々な病気にかかる危険が高まることも分かってまいりました。
(腸炎、大腸がん、乳がん、肥満、アレルギー、動脈硬化、糖尿病、自閉症など)
ご自身の腸内フローラバランスを知り、自分にあった生活習慣の改善をすることが重要です。

こんな方におすすめの検査です

  • 下痢や便秘などお腹の悩みでお困りの方
  • 糖尿病、アレルギー等の疾患をお持ちの方
  • お肌のトラブルをかかえている方
  • なかなかダイエットが成功しない方

腸内フローラ検査でわかること

  • 腸内フローラ判定(多様性、短鎖脂肪酸、腸管免疫、口腔常在菌)
  • 大腸画像検査おすすめ度
  • 健康長寿菌判定
  • 腸内フローラの主要細菌の割合(ビフィズス菌や乳酸産生菌など)
  • ダイエットや美容に関すること(太りやすさ、やせ菌、エクオール産生菌)
  • 生活習慣の改善ポイント
  • 管理栄養士からのアドバイスコメント

検査の方法

検査は被験者のご自宅での採便となります。ご自身のタイミングで採便をしていただくので負担が少なく検査可能です。検査をご希望の方は医師またはスタッフにお声掛けいただき、検査キットを受け取ってください。

アンケート・同意書記入

1:アンケート・同意書記入

採便

2:採便

ポスト投函

3:ポスト投函

検査結果解説

4:検査結果解説

良い腸内フローラを育てるためには

腸内フローラは食事をはじめとする生活習慣の影響を大きく受けています。腸内フローラ検査を実施したあとは、これまでの生活習慣を振り返り、できることから取り入れて食事改善、生活習慣改善を行います。当院では医師が検査結果をふまえてアドバイスをします。また、お持ち帰り用に検査結果の解説や生活習慣アドバイスが載った検査結果ガイドの冊子もお渡ししますので、ご自宅でも参考にしてご覧ください。

検査費用

本検査は自費(保険適用外)となります。詳しくは当院スタッフまでお尋ねください。

ミルテル検査

ミルテル検査 ミルテル検査

病気にかかるリスクや、がんや認知症のリスクを評価する検査です。
血液検査で行います。

プラセンタ治療

プラセンタの取り扱いをいたします。
プラセンタとは? … → 胎盤を英語で表したもの。
胎盤は、胎児の発育に必要不可欠なものであり、この胎盤には、各種栄養素や生理活性物質が豊富に含まれています。

当院で取り扱います「メルスモン」は、国内の感染のない健康なヒト胎盤を原料とし、多種アミノ酸を含有しています。
ホルモンは含有しておりません。
また、滅菌(121℃、30分)等行い、感染症に対する安全対策を講じており、これまでに、細菌やウイルス等による感染の報告はありません。
(理論的に未知のウィルス等の危険を完全に排除することは困難です)

更年期障害には、漢方やホルモン補充療法が有名ですが、内服と注射によるプラセンタ投与の治療のひとつになります。
更年期でお悩みの方、興味がある、または、よくわからない…という方は、お気軽にご相談ください。

※資料提供:バイエル薬品