WEB予約
MENU

プラセンタ
(メルスモンとラエンネック)

PLACENTA&
INJECTION

PLACENTA&
INJECTION
プラセンタ
(メルスモンとラエンネック)

プラセンタをお考えの方へ

疾患・症状への治療効果

疾患・症状への治療効果疾患・症状への治療効果

主な効果
  • 肝細胞が増強・活性化など、肝機能の改善(肝疾患患者様の場合)。
  • 肝臓組織の脂肪の減少。
  • 組織細胞の呼吸・代謝を高め、細胞活性を促す。
その他改善を見込む効果
  • 血行促進(冷え性、基礎代謝の向上)。
  • 更年期障害(イライラ、腰や手足の冷え、憂鬱感、ほてり、発汗、めまい等)。
  • 乳汁分泌促進(分泌不全の方)。
  • 月経不順・生理痛など。

美容面で期待できる効果

美容面で期待できる効果美容面で期待できる効果

  • 老化防止
  • 美肌効果(シミ・シワ・くすみ など)
  • シワ(コラーゲンの生成を高め、肌の弾力の向上)
  • 保湿(肌の水分保持力を高め、保湿力向上)
  • ニキビ(抗炎症効果で赤み・かゆみを抑える)
  • 乾燥肌の改善

プラセンタの安全性について

  • 滅菌(121℃、30分)等行い、感染症に対する安全対策を講じており、これまでに、細菌やウイルス等による感染の報告はありません。
    (理論的に未知のウィルス等の危険を完全に排除することは困難です)
  • 受入試験でB型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルス及びエイズ(後天性免疫不全症候群)ウイルスの検査に適合した原材料を使用する。
  • 製造工程で科学的に証明された種々のウイルス不活化処理を実施する。

当院では、厚生労働省の指導によりプラセンタ注射を受ける方にはしっかりと説明の上ご納得いただき、承諾書ご署名をいただいて施術を行っております。

当院で使用するプラセンタについて

当院では、厚生労働省に認可されている「ラエンネック」と「メルスモン」の2種類を中心に治療や、関連商品をご案内しております。

保険適用となるプラセンタ療法

保険診療が適応されるケースでは、更年期障害や乳汁分泌不全と診断された場合、プラセンタ(メルスモン)注射を受けることが保険適用されます。

対象 45歳~59歳で更年期障害と診断された女性、乳汁分泌不全と診断された女性
処置内容 1日1回1A(2mg)を皮下注射します
処置頻度 最大週3回、月に15回まで
費用 約340円(自己負担3割)

自費診療となるプラセンタ療法